お住まいの火災保険保険工房でしっかり見直しを。

火災保険 保険料の試算

料金例 その1建物評価額・保険金額1,500万円、地震750万円の試算(建物の所在地:北海道)

火災保険の内容 タフ・すまいの保険(月々プラン) 鉄骨造り又は2×4(T構造)の専用住宅 エコノミープラン
  • 火災
  • 落雷
  • 破裂
  • 爆発
  • 風災
  • 雪災
※H31年4月の情報を元に記載しています。
※内容は変更される事がございます。
※詳しい内容は「タフ・住まいの保険」パンフレットをご覧ください。
※パンフレットのお申込み、ご不明な点についてお問合わせよりお気軽にご相談ください。
※「タフ・住まいの保険」は「家庭総合保険」のペットネームです。
(長期分割月払) 火災保険料の目安 ¥1,160
  • 保険期間R1年10月1日〜R6年10月1日
  • 「タフ・すまいの保険」
  • 専有延面積105㎡
  • 日常生活賠償特約3億円・免責金額なし
  • 地震火災費用保険金額×5%、300万限度
  • 災害緊急費用保険金額×10%、100万限度
  • 特別費用保険金特約保険金額×10%、200万限度
  • 建築年月令和1年10月
  • 風災・雹(ひょう)災・雪災
    損害の額にかかわらず補償
  • 適用割増引地震建築年割引
  • エコノミープラン火災・落雷・破裂・爆発・風災・雹(ひょう)災・雪災
  • すべての事故共通で免責金額なし

料金例 その2建物評価額・保険金額1,500万円、地震750万円の試算(建物の所在地:北海道)

火災保険の内容 新規住宅取得オーナー様向け
長期火災保険
鉄骨造り又は2×4(T構造)の専用住宅 エコノミープラン
  • 火災
  • 落雷
  • 破裂
  • 爆発
  • 風災
  • 雪災
※H31年4月の情報を元に記載しています。
※内容は変更される事がございます。
パンフレットもございますのでご覧ください。
※パンフレットのお申込み、ご不明な点についてお問合わせよりお気軽にご相談ください。
火災保険料の目安 ¥76,440
  • 保険期間R1年10月1日〜R11年10月1日
  • 地震保険期間R1年10月1日〜R2年10月1日
  • 「タフ・すまいの保険」
  • 専有延面積105㎡
  • 日常生活賠償特約3億円・免責金額なし
  • 地震火災費用保険金額×5%、300万限度
  • 災害緊急費用保険金額×10%、100万限度
  • 特別費用保険金特約保険金額×10%、200万限度
  • 防犯対策費用
  • 建築年月令和1年10月
  • 風災・雹(ひょう)災・雪災
    損害の額にかかわらず補償
  • 適用割増引地震建築年割引
  • エコノミープラン火災・落雷・破裂・爆発・風災・雹(ひょう)災・雪災
  • すべての事故共通で免責金額なし

料金例 その3建物評価額・保険金額1,500万円、地震750万円の試算(所在地:北海道)

火災保険の内容 新規住宅取得オーナー様向け
長期火災保険
木造造り(H構造)の専用住宅 エコノミープラン
  • 火災
  • 落雷
  • 破裂
  • 爆発
  • 風災
  • 雪災
※H31年4月の情報を元に記載しています。
※内容は変更される事がございます。
パンフレットもございますのでご覧ください。
※パンフレットのお申込み、ご不明な点についてお問合わせよりお気軽にご相談ください。
火災保険料の目安 ¥146,870
  • 保険期間R1年10月1日〜R11年10月1日
  • 地震保険期間R1年10月1日〜R2年10月1日
  • 「タフ・すまいの保険」
  • 専有延面積105㎡
  • 日常生活賠償特約3億円・免責金額なし
  • 地震火災費用保険金額×5%、300万限度
  • 災害緊急費用保険金額×10%、100万限度
  • 特別費用保険金特約保険金額×10%、200万限度
  • 防犯対策費用
  • 建築年月令和1年10月
  • 風災・雹(ひょう)災・雪災
    損害の額にかかわらず補償
  • 適用割増引地震建築年割引
  • エコノミープラン火災・落雷・破裂・爆発・風災・雹(ひょう)災・雪災
  • すべての事故共通で免責金額なし

火災保険によくある質問

よくある質問
地震による損壊を補償する保険はありますか?

はい、ございます。火災保険だけでは地震等(地震・噴火またはこれらによる津波)による損害を補償できません※。地震保険は単独で加入できないため、火災保険とセットでのご加入をおすすめ致します。地震保険では地震による火災、損壊、津波による流失、噴火による埋没などの損害を補償致します。保険の対象は居住用建物および家財です。保険金額には限度額がございます。詳しくはお気軽にお問合わせください。
※地震保険をセットしない場合であっても、地震火災費用保険金が支払われる場合があります。

建物の築年数が経っているので保険金額を大きくできるのでしょうか?

新価(再調達価額)基準の建物評価額を算出します。建物保険金額を建物評価額と同額で設定することで今の建物と同一の構造、質、用途、規模、型、能力のもを再築または再取得するのに必要な損害保険金を受け取れます。
(注)「建物評価額」が事故時の再調達価額を著しく上回る場合には、再調達価額を基準に保険金をお支払いする場合があります。

地震保険料控除証明書が届いていないのですが?

ご契約された年は保険証券に控除証明書が添付されています。長期の契約は次年度よりハガキが郵送されます。

火災保険料に所得税や住民税の控除はありますか?

以前は火災保険の保険料が控除対象になっていましたが、現在は地震保険の保険料のみ所定の金額について税法上の地震保険料控除の対象になっています。

自宅の火災時に近隣の建物に発生した損害を補償する保険はありますか?

火災保険の「類焼損害・見舞費用特約」で補償できます。


類焼損害・見舞費用特約で自宅の火災、破裂・爆発事故によって、近隣の建物や収容動産に発生した損害を最大1億円まで補償します。

一覧はこちら
保険工房へのお問い合わせ
相談をしてよかったというお客様からの感想
  • 矢印車で相手をケガさせてしまい頭が真っ白になりました。でも担当の方に病院まで付き添ってもらい心強かったです。
  • 矢印生命保険は何に入れば良いのか全く分からなかったのですが、それぞれの会社の良い保険を選んでもらい助かりました。
このホームページは、概要を説明したものです。ご契約にあたっては必ず各社商品パンフレットおよび「重要事項のご説明 契約概要のご説明・注意喚起情報のご説明」をあわせてご覧ください。 また、詳しくは「ご契約のしおり(普通保険約款・特約)」をご用意していますので、取扱代理店または引受保険会社までご請求ください。 ご不明な点につきましては、取扱代理店または引受保険会社にお問合わせください。(2019年9月承認)B19-102146